hidejyのやっぱりへなちょこ

実りの秋、小作農家の実情

10月半ば、稲穂が実り我が家では稲刈りが始まりました。
071014inekari-019.jpg


主に農業は親父とおふくろが営み、会社勤めの私は年に数回手伝う程度です。

秋になり「ウチはそろそろ稲刈りだ~」などと同僚に言うと、たいてい「田んぼがあるなんて裕福でいいね~」などと言われるのですが、現実はそんな羨ましがられるものではなく、かなり厳しいんです。

大規模な農家は違うでしょうが、ウチのような小さな兼業農家の実情は甘くありません。

麦の価格は高騰しているようですが、米はずっと安値安定ですし、
昔のように農繁期になると親戚中が集まってくる時代ではなく、田植えや稲刈りになると機械に頼るしかありません。
我が家の土地だけで出来る量は少なく、とても機械を買うだけの米を収穫できないので、地主さんに年貢を払って田んぼを借りて米を作っているんです。

借金して機械を買い、毎年米を売って返し終わった頃には機械が壊れまた買い換えるというのが常です。

家で食べる米を買わずに済むので、とりあえず”赤字”では無いにしろ、労働時間と農作業の辛さを思うと、どう考えても割りに合わないと感じてしまいます。

071014inekari-015.jpg


数年前親父に「なんでそんな無理してまで農業続けてるんだ?、どうせ苦労するならよそで働いた方がよっぽど楽に稼げるのに・・・」と聞いた事があります。
その時に親父は「うちで食う米くらい自分で作りたいでだわさ。」「土を触っとる時が一番たのしいでよ~」と言っていました。

親父が引退した時、土いじりを楽しいと思えない自分はどうすべきかを毎年この時期になると考えてしまいます。
スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2007/10/14(日) 19:38:25|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スーパーピスタ | ホーム | 気を取り直して>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hidejy.blog92.fc2.com/tb.php/52-5d80b904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひでじ

Author:ひでじ
1965年生まれのおっさんです
住処 愛知県の田舎町
趣味 自転車、へぼ写真、ハイキング

ホームページはこちらです。
http://hidejy.kt.fc2.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード