hidejyのやっぱりへなちょこ

新しいギター、実力はどうかな?

先日買ったギターをゆっくり試してみました。

購入記念にダラダラ、長々と無意味な文章を書かせてもらいますよ~。(^^;
(多分なんの参考にもならないと思いますので”スルー推奨”)

120602merida-006.jpg




今回買ったギターは「MERIDA EXTREMA」というメーカーの物で、自分自身先週まではまったく知らなかったブランドです。

どこの国の企業なのかとか、どういう成り立ちのメーカーなのかなど詳しいことは今でも知りませんが、中国で作っているのだけは確かなようです。

120602merida-009.jpg


今まで持っていたアコギは35年ほど前に親に買ってもらったアリアの物のみ(エレアコは別にして)で、それはサイドとバックは合板のものでしたので、大人になりある程度自分で自由にお金が使えるようになってから「いつかオール単板のギターが欲しいな~」と思っていました。

とは言っても、国産ギターやマーチンなどの有名ブランドの物はやはり高価で、ボクのような安月給のサラリーマンがそうそう簡単に買えるものではありません。

それと、ユーチューブで「スラム奏法」というボディーを叩きながら弾く奏法を見てやってみたくなったものの「今持っているのは値段は別にして思い入れあるのでボディー叩いて壊したくないし・・・」と思い、安くてそこそこ良さそうなのを探していたんです。


そんな中、たまたまWEBで楽器屋のページを見ていたら、オール単板モデルとしては格安の物を見かけ、「コレならボクにも買える!」と勢いに乗って買ってしまいました。

ただ、やはり知らないメーカーの「中国製」なので最初は実物を見て現物を買いたかったのですが、先週楽器屋に行って欲しいモデルを探したところ、同シリーズの型番違いはいくつかあったものの、自分が狙っていたモデルは置いて無かったので、それらを試奏して帰ってきました。

そんで、帰宅してWEBショップ(見に行った楽器屋のWEB版)を見たら、このメーカーのギターが5月末までの限定で割引になっていた事もあり速攻で「ポチっ」とやってしまいました。
結果的にリアル店で見てきた下位グレードの売り値より随分安く購入することができたのでラッキーだったかも。

そして届いた現物を確認。
実際に店で見たモデルもそうでしたが、トップ材の木目はお世辞にも「美しい物」ではありませんでした。
やはり単板モデルとして格安なので、同じ材質の木でも安く入手できる物を使っているからなんでしょうね~。
恐らく、このような木目の材は国内ブランドや高級ギターメーカーの製品には使わないでしょうから。


けっこう木目にムラがある
120602merida-012.jpg


少々木目にムラがあっても、このギターなら安いので文句を言う気にはなりません。(^^;
実際のところ、木目のムラ自体がそれほど音に影響するとは思えないし、仮に影響があるとしてもきっとボクにはわからないでしょう。

サイドとバックは「アフリカンマホガニー単板」と記されていて、同シリーズの他のモデルは「マホガニー単板」と書いてありましたが、何がどう違うのかな?
もともとマホガニーってアフリカの方で採れる木だったような記憶がありますが、あえて表記を変えているってのは何か違いがあるんでしょうね・・・
知っている人いたら教えて下さい。


バックはけっこう綺麗な木目でした
120602merida-013.jpg


ボディーのバインディングは木材で施されていて、それも思いのほか綺麗な仕上げでした。


サイドの木目は普通かな?
120602merida-014.jpg


そして、サウンドホール周りの細工もかなり凝った造りになっていて、最初見たときは「プリントかシール?」かと思いましたが、ちゃんとローズウッドやチーク材?等の材木を接合して綺麗に仕上げてありました。


中国の職人さんもなかなかやりますね!
120602merida-022.jpg


で、肝心の音はというと・・・
正直言ってイメージしていたのとは全然違っていました。
ドレッドノートなので、「高音はそこそこで低音がしっかり響くのだろうな」と思って買ったのですが、いざ鳴らしてみたら、
想像とは逆に高音はオベーションほどでは無いにせよよく響いてサスティーンも十分なのに、低音は篭ったりはしていないもののあまり響きません!
特に6弦の開放などは「あれ~ボディーが全然鳴ってないぞ~~~~」という残念な結果です(T_T)

元々「スラム奏法」の練習用に買ったものなので、それほど躊躇せずボディーを叩いてみたところ、ブレーシングがかなりしっかりした作りなのか、トップの材が分厚いのか随分頑丈そうな音がしました。
そういう理由で低音の響きがイマイチなのか、
それとも「単版仕様」は弾き込まなければ鳴らないのかな?

できれば後者であることを願います。(^^;
もしそうなら、今後の音の変化が楽しみですからね~


そして、知らないメーカー+中国製ということで、デフォルト状態でのネックの反りやねじれ、ハイポジでの音程のズレなどを心配していましたが、それらはまったく問題なかったので一安心です。

弾きやすさとしては、やけに弦高が高くて弾き辛かったので迷わずサドルを抜いて少しずつ削りながら試していき、最終的に2mmほど削ったら良い感じになりました。
ただ、使い慣れているオベーションと比べるとネックの太さがナット側はほぼ同じ太さであるものの、付け根側は若干太めなので最初は少し違和感を感じましたが、こちょこちょ弄っている間に段々慣れてきました。

困るのは、こっちで慣れてからオベーションに持ち替えて弾いてみたら今度はそっちが不自由になってました。
どうしたもんでしょう。(^^;


その他、良い方に想定外だったのは付属のケースでした。
メーカーのWEBページ、ショップのぺージともに「ギグバック付属」と書かれていて、その写真を見たら黒い布製で周囲に赤い線が入っている物だったので、外に持ち出すことは無いと思いつつも「これはダサくて人前で持ち歩きたくないな~」と感じていました。

なのに、届いた段ボール箱を開けてみると意外にもハードケースに入っていたではありませんか!
しかも、樹脂製のそれは昔ながらのハードケースに比べてかなり軽いのに、中のクッションは分厚いしっかりしたもので安心感もバッチリな感じでした。
見た目もメーカーのロゴが抜いてあって良い感じ。(^0^)

メーカーの記載と違うのでショップに問い合わせようかとも思いましたが、下手に連絡して「間違いだったのでギグバックと交換します」なんて言われたら困るのでこのままそっとしておきます。(笑)


なかなか良さそうなハードケース
120602merida-058.jpg


色々書きましたが、ギターを何本も所有するに値する腕や実力の無いのは自他共に認める事実です。(‘。‘;
でも、
まあいいじゃないですか~
まともに弾けなくたって、盆栽と同じように手入れや眺めるのを楽しみだと思えばそれで十分意義のある趣味の世界だとボクは思ってます。(自分に言い聞かせてます。(^0^) )


アコースティック系を並べてみました。
これ見ながらバーボンやれます!(笑)
120602merida-007.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/06/02(土) 22:35:48|
  2. ウクレレ・ギター・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<暑かった~! | ホーム | またやってしまった>>

コメント

Monちゃん、こんばんは。

ボクも似たようなものですよ。
数だけはいくつか持ってますが、ほとんどまともに弾けませんから。

何かの間違いが起こって、いつかLIVEをやる時が来たらMonちゃんに最前列の席を用意しておきますね!(笑)
  1. 2012/06/29(金) 22:00:22 |
  2. URL |
  3. ひでじ #d3Ovgj2o
  4. [ 編集]

楽しんでますね~(^^

高校時代にFのコードが押さえられずにギターを挫折した私にとって、楽器弾ける人はそれだけで尊敬の的ですw

HIDEJYさんのLiveあったら見たいな~(^^
  1. 2012/06/28(木) 22:20:54 |
  2. URL |
  3. Mongo Margarita #2DdjN05.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hidejy.blog92.fc2.com/tb.php/532-3e0366e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひでじ

Author:ひでじ
1965年生まれのおっさんです
住処 愛知県の田舎町
趣味 自転車、へぼ写真、ハイキング

ホームページはこちらです。
http://hidejy.kt.fc2.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード