hidejyのやっぱりへなちょこ

PowerShot SX160 IS試し撮り

今日の午後に先週買ったPowerShot SX160 ISの試し撮りをしてみました。


130416-SX160is-001.jpg




まずは自宅で適当に写してみました。

ブログ上では、サイズダウンした画像しか載せられないので、
参考程度にご覧下さい。

広角側の焦点距離は5mm(35mmフィルム換算で約28mmの画角)

庭に置いてある物を広角側で撮影
130421sx160is-001.jpg

次は同じ位置から望遠側の80mm(35mmフィルム換算で約450mmの画角)

光学16倍ズームの威力はいかに?
130421sx160is-002.jpg

上の写真のシャッタースピードは1/125秒。
広角側の開放絞りは3.5ですが、望遠側だと一気に5.9まで落ちてしまいます。
一昔に比べてIS(イメージスタビライザーという手ブレ防止機能)の効果が上がっているようですが、
さすがに日陰で最望遠となるとちょっと厳しいようで、手ブレの影響が出てしまったようです。

とりあえずISO感度は1600まで上げられるので上手く使えば16倍ズームも約に立ちそうです。


次は室内で小物を撮影。


広角側で寄って撮影
130421sx160is-003.jpg

かなり寄って写しても実質5mm(35mmフィルム換算で約28mmの画角)では背景はあまりボケませんでした。


次は少し離れて望遠で撮影
130421sx160is-004.jpg

こちらも実質80mm(35mmフィルム換算で約450mmの画角)なので至近距離から望遠で撮っても一眼レフのような演出は無理です。
まあ、最初から解ってはいた事ですが・・・(^^;


その後、
ネットを見ていたら津島の天王川公園で藤が咲き始めたような記事を見つけたので、
自転車で少し出かけてみました。

走りはじめたのはいいですが、まともに向かい風でしかもかなり強くて全然前に進まず自転車で出かけた事を後悔しました。(T_T)

どうにか天王川公園に着き、藤棚へ行ってみたのですが、
随分と時期が早すぎたようで、咲き具合はまだまだでした。


あと一週間くらい先が見ごろかな?
130421tennougawa-007.jpg

とは言え、
藤棚の横のヤツはけっこうたわわに咲いていてボリューム感もあったので、
そっちを見られただけでも良かったです。


ブドウみたいに咲いてました
130421tennougawa-020.jpg

高速シャッターを使いましたが、あまりの強風で花びらが揺れまくっていたため、
手ブレなのか被写体ブレなのかくっきりせず、カメラの解像力の判断ができません。

130421tennougawa-021.jpg


こんな看板が立ってました
130421tennougawa-005.jpg

看板によると、藤にもいろんな種類があってそれぞれ植えられているようですが、
ボクには”白いの”と”一般的な紫色のやつ”の2種類にしか見えませんでした。
満開になると種類の違いがはっきり見てわかるのかもしれませんね。


PowerShot SX160 ISは電源が単3電池2本(それがこの類の機種を使う人のこだわりですから)のためコンデジにしてはけっこうデカくて携帯性は悪いし薄型のコンデジに比べると重いので、きっと若者受けは悪いに違いない。

そんなオッサン向けのカメラでも”最近のカメラ”なので、「おまけ」的な撮影モードが付いていたので試してみました。


ノーマル撮影
130421tennougawa-025.jpg


ジオラマ風モード
130421tennougawa-027.jpg

魚眼レンズ風
130421tennougawa-028.jpg

トイカメラ風
130421tennougawa-029.jpg

トイカメラ風
130421tennougawa-031.jpg

ジオラマ風
130421tennougawa-032.jpg


説明書を見た時は「余計なモードは多分使わないだろうな~」と思っていましたが、
実際に写してみるとわざとらしいくらいの写真が何となくバカバカしくて面白く感じました。


藤棚がまだまだだったので、
芝桜が咲いているという「弥富市 三ツ又池公園」に足を延ばしてみました。

天王川公園からは南南東に10kmほど走ったのですが、
この時は完全な追い風になり簡単に40km/hオバーで巡行できたので快適そのもの。
その分、帰り道は恐ろしい事になりそうです。(T_T)


弥富市 三ツ又池公園に到着
130421tennougawa-041.jpg

芝桜はとっても綺麗で、青空の下でとても映えていました。
ただ、もっと大規模な範囲に咲いていると想像していたので、
満足度は7~8割といったところです。


近景から遠景への描写
130421tennougawa-063.jpg

こちらも一眼レフの交換レンズのようなわけにはいきませんが、
12800円のデジカメにしては満足できる写りでした。


広角で広い範囲を撮影
130421tennougawa-045.jpg

高倍率ズームの割には隅っこのほうの歪みもそれほどでもなく良好でした。


そんで、また遊んでみました。

まずはノーマルで
130421tennougawa-048.jpg

ジオラマ風・・・危ないとこだった(笑)
130421tennougawa-052.jpg

オールドポスター風
130421tennougawa-055.jpg

「オールドポスター風」はいけません!
「ただカラーバランスが崩れた失敗写真」にしか見えないような・・・

極彩色モード
130421tennougawa-056.jpg

「極彩色モード」もいけません!
こっちも「やっちまった失敗写真」っぽいです。

モノクロ
130421tennougawa-057.jpg

モノクロも微妙。
後で「カラーで撮っておけば・・・」と反省しても修正が効きません。
普通に撮って画像ソフトで後処理するのが良しだと思います。

トイカメラ風
130421tennougawa-058.jpg

魚眼レンズ風
130421tennougawa-060.jpg

トイカメラ風と魚眼レンズ風、ジオラマ風はわかりやすくて遊べそうです。

全体的な写りとしては、
記録用の写真やサイクリング用として撮るには必要にして十分だと思います。
これくらいの機種にそれ以上の写りを期待しては一眼レフに申し訳ないですし。(^^;

残念な点としては、絞りが広角側F3.5~F8、望遠側がF5.9~F8という事。
F5.9~F8って事は1絞りもないってことですからシャッター速度を色々変化させるにはISO感度を調整するしかないんですよね~
あと、背面に付いている回転式のダイヤルのノッチが甘くて節度感がイマイチなのと、ダイヤルを回した時に上下左右のボタンを誤操作しやすいのもダメな点です。

他にも細かい点で気になる部分はありますが、値段を考えれば良い出来だと思います。

それと、本体に貼られていた「MADE IN JAPAN」の文字はとっても嬉しい事でした。
最近は国内メーカーの物でも海外生産品が多いので、日本人として「国産品ガンバレ!」って言いたくなります。

今日はあまり撮れなかったので、使っていくうちに気になった事があったら、
またレポートしようと思います。

スポンサーサイト
  1. 2013/04/21(日) 21:48:14|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新舞子で潮干狩り | ホーム | カメラは持って行ったんだけど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hidejy.blog92.fc2.com/tb.php/574-0a964e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひでじ

Author:ひでじ
1965年生まれのおっさんです
住処 愛知県の田舎町
趣味 自転車、へぼ写真、ハイキング

ホームページはこちらです。
http://hidejy.kt.fc2.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード