hidejyのやっぱりへなちょこ

ストラットタワ―バー付けてみました

CUSCO ストラットタワーバー Type OS(BCS付き)付けてみました。



16040202.jpg





ブラケットを取りつける左右各4個のナットを取り外して、
タワーバーを仮置きしたら、先ほど外した左右各4個のナットを仮止めしました。


手で8個のナットを締めて仮止め
16040204.jpg



仮止めしたナットをトルクレンチで本締め付けます。

説明書には「規定の締め付けトルクで締めてください」とは書いてあるのに、
規定値が書いてないので困りました。(笑)
車種によって締め付けトルクが違うのを、汎用の説明書で補っている感じですね。(-_-;)

なので、ネットで調べてみたら、
20~25N・mと書いてあったので23N・mで締めました。
尚、説明書には「しばらく走ったら増し締めしてください」みたいな事が書かれていたので、
1000㎞くらい走行後にチェックしてみます。



トルクレンチで対角線状に本締め
16040205.jpg



今回使ったトルクレンチは自転車用に持っていた比較的小型の物です。
タイヤ交換用に使うタイプはたいてい下限が30N・m程度なので、
それでは締め過ぎになって使えませんし、大きすぎて作業がキツイと思います。

ボクは自転車の組み立てで必要なのでたまたま持っていましたが、
だからと言って”わざわざ小型のトルクレンチを買うのはちょっと・・・”と思いますよね。

次はBCS(ブレーキ・シリンダー・ストッパー)の取り付けです。

BCSとは・・・ボクもネットで調べた程度の知識ですが、
ブレーキを強く踏んだ時に、倍力装置の影響で反発力が加わり
マスターシリンダーの取り付け部の鉄板がいくらか歪むことで、
マスターシリンダー自体が動いてしまうらしいです。
そのためマスターシリンダーが動くことでパットを押す力が逃げてしまうので、
それを防止するためにマスターシリンダー自体を常に押し付けておくことで、
”ブレーキパッドを押す力”が逃げないようにする装置らしいです。


赤いプレートでマスターシリンダーを押し付けてます。
16040206.jpg


ここのネジを強く締め過ぎる(マスターシリンダーを押し付けすぎる)と
壊す恐れがあると説明書に書かれていたので、
ボルトの頭を指でしっかり締めて押し付けてから、
レンチでもう少しだけ増し締めする感じにしておきました。

BCSのロックナットを締めたらすべての作業が完了です。


BCSのロックナットを締めて終了
16040207.jpg


保護フィルムを剥がしたらCUSCOの刻印がありました
16040209.jpg


長々と書きましたが、
取り付けに掛かった時間は写真をちょこちょこ撮りながらでも20分程度でした。

もっとしっかり車弄りを楽しめると思っていたのに
拍子抜けするくらい簡単な作業で少しがっかりしたくらいです。(笑)

ボンネットの中は走っている時は見えないので、
当然ながら外観にはまったく変化はありませんが、
”中身の強化”にはきっと役立つはずと信じて自己満足に浸りたいと思います。(笑)


自己満足のパーツですね!(^^♪
16040210.jpg


そして走りに変化はあるのか?
午後に街中を30分ほど走ってみた感想です。

街中を常識的な速度で走る限り違いはわかりませんでした。
何となく「ハンドルの応答性が良くなったかな?」と感じたような気もしますが、
それもパーツを変えた事による思い過ごしか勘違いかもしれません。
ブレーキも、普通に踏んだくらいでは違いは感じませんでした。

残念!(-_-;)

峠道を走ったら違いがわかるのかな・・・

スポンサーサイト
  1. 2016/04/02(土) 20:46:50|
  2. 車・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TEINのHIGH・TECHとCUSCOのタワーバーの効果はいかに? | ホーム | TOYOTA 86 (ZN6) TEIN HIGH.TECHに換えて2週間のインプレ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hidejy.blog92.fc2.com/tb.php/685-1bb759f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひでじ

Author:ひでじ
1965年生まれのおっさんです
住処 愛知県の田舎町
趣味 自転車、へぼ写真、ハイキング

ホームページはこちらです。
http://hidejy.kt.fc2.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード